チャンピックスがあればあなたも禁煙できます。その理由はチャンピックスがあなたのタバコを不味くするからです。

  • ホーム
  • チャンピックスの副作用と排煙について

チャンピックスの副作用と排煙について

タバコと灰皿

禁煙補助剤の中でもチャンピックスはニコチン成分が含まれていないと言った特徴が在りますが、ニコチン成分が含まれていなくてもニコチン依存症を治療できると言う魅力が在ります。
ニコチン置換療法として使用される禁煙補助剤はニコチン要求が高くなった時に、ガム式の禁煙補助剤を噛む事で、体内にニコチンが取り込まれてニコチン受容体に結びついて快感物質の分泌が行われるため、喫煙を我慢する事が出来ますが、チャンピックスの場合はドーパミンの分泌を行う作用が在るため、ニコチン依存治療に最適とされているのです。

因みに、煙草の煙と言うのは喫煙者が吐き出す煙、煙草から立ち上る副流煙、喫煙者が煙草を吸う事で肺の中に入る本流煙と言う3つの煙が在りますが、この3つの煙の中でも副流煙は受動喫煙の原因に繋がる煙でもあり、喫煙による害と言うのは喫煙者だけではなく、周りにいる人にも影響を及ぼしてしまう事になり、仮に排煙を行ったとしても受動喫煙の防止には繋がらないため、分煙化が必要になるのです。

受動喫煙は社会問題にまで発展している事からも、人が多く集まる場所や路上、お店の中などでは分煙化が進められており、喫煙をする場合には所定の場所で一服をすることが必要となっています。

チャンピックスは禁煙時のイライラを抑えて煙草を止める事が出来ると言った特徴が在るのですが、医薬品と言う事からも副作用が生じるケースが在り、中でも吐き気、お腹のはり、便秘と言った胃腸症状の副作用が生じるケースが多いと言われています。
また、頭痛などの副作用なども個人差に応じて現われる事があるなど、何れも一過性なものではありますが、気になる時などは医師に相談をすることがお勧めです。
また、チャンピックスを服用する事で眠気が強く出る事も在るため、服用した後の自動車の運転は控える事が大切です。

関連記事