チャンピックスがあればあなたも禁煙できます。その理由はチャンピックスがあなたのタバコを不味くするからです。

  • ホーム
  • チャンピックスとナイアシンの特徴と煙草の標語

チャンピックスとナイアシンの特徴と煙草の標語

タバコを吸う男性

煙草にはニコチンやタールと言った有害な物質が含まれており、ニコチンは体内に取り込まれると受容体と結びついて煙草を吸って美味しい、煙草を吸うと気持ちが落ち着くと言った作用を促すドーパミンが分泌されます。
煙草は火をつけて吸い込むと、煙草の先の温度は600°に達すると言われており、これに触れてしまえば大やけどを負う事になるわけです。
歩行禁煙の禁止と言う目的の一つに、小さな子供の火傷の被害防止と言う事が挙げられますが、煙草を吸いながら歩いている時などに、子供の顔や腕、足などに600度に加熱されたものが触れてしまえば、大やけどを負う事からも、歩行禁煙と言った標語が作られているわけです。

因みに、煙草を吸う事で600°の温度に達する事で、ニコチンはニコチン酸アミドと呼ばれている物質に変化すると言われています。

ニコチン酸アミドは、ナイアシンアミドやビタミンB3などと呼ばれている成分で、熱に強い、糖質を初めとして、脂質やタンパク質の代謝に欠かせない水溶性ビタミンであり、のビタミンB複合体の一つで 不可欠である。循環系や消化系、神経系などの働きを促進すると言った特徴が在ります。

現在、受動喫煙と言った社会問題からも、禁煙推進などの中には色々な標語が作られており、禁煙に対する重要性を持ちます。
今まで禁煙を途中で挫折してしまったと言う人も、チャンピックスを使用することで禁煙を達成する事が出来るケースが増えています。
チャンピックスの服用を続けている中で煙草を吸ってしまっても、受容体にニコチンが結合する事を防止してくれるので、煙草が美味しくなく感じるため、ニコチン依存症の治療として利用可能な禁煙補助剤で、通販店などでも購入が可能です、禁煙外来の診療科を持つ病院で禁煙治療の中で処方が行われています。

関連記事